早漏の対策

早漏とはセックスをする時に、男性側がすぐに射精してしまう状態を言います。英語ではPEとも呼ばれるこの状態は、自分で射精のタイミングを調整する事ができません。射精までの時間はそもそも個人差があるので、何分以内であれば早漏かという様な定義は出来ませんが、とりあえず相手が満足しないうちに、早いタイミングで射精してしまうことを定義します。ある調査によると日本男性の8割も早漏に困ています。すでに深刻な問題となっています。早漏治療対策として、トレーニング法、早漏治療薬、クリニック等の手術などの方法があります。

早漏対策のトレーニングとして最も有名なのがスクイーズと呼ばれるトレーニングです。スクイーズ法は道具も何も使わずに、さらに自分一人でできる方法なので、いつでもどこでも実施が可能なのです。具体的なやり方はシンプルで、自慰行為をしているうちに射精しそうな感覚になったらすぐに動きをやめます。亀頭を押さえつけて射精を止めてしまうのです。射精感は徐々になくなっていきますから、また繰り返すことで、早漏防止につながっていきます。

早漏治療薬は、外用と内服に分けられています。

外用は主にダポキセチンという成分を使って、セックスする時の興奮を抑え、早漏を治療になります。

内服は早漏スプレーとも呼ばれ、ペリドカインという麻酔薬を使ってニスの感覚を麻痺させて、早漏を改善する効果があります。

男性用のクリニック等の手術で早漏を治す方法もあります。確実かつ、急速に治療ができる一方で高額な費用がかかってしまいます。また、効果は半永久的なものであり、人によっては早漏の状態に戻る可能性も充分にあります。性行為が可能になるようになるのは1週間から1ヶ月後です。

早漏の原因

早漏とは、セックスの際にパートナーの女性が性的にオーガズムを迎える前に、男性が射精してしまうことである。英語ではPEとも呼ばれて、射精がいつも膣内挿入前または挿入後30秒1分以内に起きる、また膣内挿入後、射精を遅らせることが全くあるいは殆ど出来ないことも早漏の症状です。世界中で何千万人の早漏患者がいるといわれています。早漏の原因も色々があります。これから早漏の原因について紹介します。

早漏の原因は大きく2つに分けられる、心が原因の早漏と身体が原因の早漏です。

心の原因は例えば、ストレスや心配事、さらにセックス自体に対して抵抗やトラウマ等がある場合、どうしてもすぐに射精してしまう事があります。この場合は、原因となっている物を取り除く事が重要です。また、脳や潜在意識という言葉を使うと、早漏の原因も比較的わかりやすいと思います。何かの原因で、一度早漏になってしまうと、脳が短時間ですぐに射精する命令を下すようになってしまう。それが習慣化してしまう。

身体の原因は主に包茎からくる皮膚過敏や射精筋肉の異常です。過敏すぎる亀頭や包皮、包茎による過保護なペニス、それから高齢になるにつれて起こる老化などが上げられます。また、間違ったマスターベーションも早漏を悪化させる原因のひとつです。もう1つの原因が自慰行為です。オナニーですぐイク癖があると、本番でも同じようにすぐイキやすいです。