早漏の対策

早漏とはセックスをする時に、男性側がすぐに射精してしまう状態を言います。英語ではPEとも呼ばれるこの状態は、自分で射精のタイミングを調整する事ができません。射精までの時間はそもそも個人差があるので、何分以内であれば早漏かという様な定義は出来ませんが、とりあえず相手が満足しないうちに、早いタイミングで射精してしまうことを定義します。ある調査によると日本男性の8割も早漏に困ています。すでに深刻な問題となっています。早漏治療対策として、トレーニング法、早漏治療薬、クリニック等の手術などの方法があります。

早漏対策のトレーニングとして最も有名なのがスクイーズと呼ばれるトレーニングです。スクイーズ法は道具も何も使わずに、さらに自分一人でできる方法なので、いつでもどこでも実施が可能なのです。具体的なやり方はシンプルで、自慰行為をしているうちに射精しそうな感覚になったらすぐに動きをやめます。亀頭を押さえつけて射精を止めてしまうのです。射精感は徐々になくなっていきますから、また繰り返すことで、早漏防止につながっていきます。

早漏治療薬は、外用と内服に分けられています。

外用は主にダポキセチンという成分を使って、セックスする時の興奮を抑え、早漏を治療になります。

内服は早漏スプレーとも呼ばれ、ペリドカインという麻酔薬を使ってニスの感覚を麻痺させて、早漏を改善する効果があります。

男性用のクリニック等の手術で早漏を治す方法もあります。確実かつ、急速に治療ができる一方で高額な費用がかかってしまいます。また、効果は半永久的なものであり、人によっては早漏の状態に戻る可能性も充分にあります。性行為が可能になるようになるのは1週間から1ヶ月後です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です